東京には薬剤師の求人がたくさんあります。

医療機関の数と薬剤師の数は比例する?

また視点を変えて、例えば、仮に、「町の病院」が少なすぎたとしても、何らかの行政機関がバックについた医療機関が存在していて、そのようなお年寄りの支援をしているのが現状です。
けど、非常に残念なことに、この数が絶対的に少ないのが問題です。
ところで、この話を「求人」と言った観点から少し考えてみたいと思います。
最初に述べたことに少し被るのではありますが、少し乱暴な理屈で言うと、薬剤師の数は、単純計算で病院の数に比例していると考えて、ある程度の誤差はあるものの、「正解」と言って良いかと思います。
確かに、薬局が病院内での処方、あるいは院外での処方など、様々な営業の形態があるために、「正しい計算はできない」こととは思われます。
更に言うなら、ひとつの病院、あるいはひとつの薬局に於いて、複数の有資格者がいると判断することもできるので、その人数は更に増えることも考えられます。
そこで、これを三段論法的に言い換えると、そこに住む人が多いならば、必然的にその有資格者の人数も増えて来る、と言うことです。

薬剤師って全国にどのくらいの数がいるのでしょうか? / 医療機関の数と薬剤師の数は比例する? / 労働人口が多い東京は薬剤師の求人も多い / 求人の多い東京なら薬剤師として働けるチャンスが広がる