東京には薬剤師の求人がたくさんあります。

薬剤師って全国にどのくらいの数がいるのでしょうか?

薬剤師って全国にどのくらいの数がいるのでしょうか? / 医療機関の数と薬剤師の数は比例する? / 労働人口が多い東京は薬剤師の求人も多い / 求人の多い東京なら薬剤師として働けるチャンスが広がる

薬剤師としての資格を持っている人、本当に多いことと思います。
考えてみれば、話を東京だけに限定したとしても、薬局の数だけは薬剤師がいるでしょうから、それだけの人数がいると言うことなんでしょうね。
ところで、この資格ですが、どれくらいの人たちが持っているのでしょうか?実際には数えたことは無いのですが、仮に全国の薬科大、あるいは大学の薬学部を数えると、それこそ膨大な数になりましょうから、そこの卒業生の全員がその資格を持ってたと仮定するならば、有資格者の数が、数万人規模でいるかとも想像がつくかと思います。
自分が卒業した学校の例でも相当な有資格者が世に出た訳ですから、日本全国を勘定するなら本当にたくさん居るんでしょうね。
さて、少し話を変えたいと思います。
薬剤師の就職先の医療機関の数についてです。
自分の就職の経験等を織り混ぜながら、話を進めたいと思います。
自分が就職活動で感じたことに、医療機関と、それが存在する街の「人口比」のような数字が、定かではありませんが、ある程度はあるかと思います。
自分の生まれ育った地方がそうであったのでありますが、例えば、地方のいわゆる「田舎町」で、そしてそれなりにでも高齢化が進んでいる所に於いてでも、疾病等で苦しんでいるお年寄りを、受け入れる病院は立派に存在している訳であります。